転職、就職で気をつける服装は

多くの企業では、就職セミナーに参加する時の服装は何でもいいことになっていますが、どうすることが適切なのてしょう。スーツを着用して就職セミナーに来ている人が、ほぼ100%といっていいでしょう。参加要項の説明には服装自由と記載されているのにも関らず、多くの人がスーツを着用して参加しているのには理由があります。スーツで参加する人が多いのは、就職セミナーといっても、就職活動とほぼ同じ意味合いで開催されている面があるからです。合同セミナーでは企業担当者側も参加していますが、企業サイドも普通にスーツを着ていて、それが一般的な光景になっています。リクルートスーツで、色は黒、というスタイルが、男性であれ、女性であれ、普通になっています。スーツの色は黒だけではなく、黒や濃い灰色の人もいますが、いずれも共通していることは、リクルートスーツで参加することです。スーツのボタンは上までとめて、ラフな印象にならないようにすること、スーツの下に着るシャツの色は白にすることが原則です。靴や靴下やバックも黒のものがよく、眼鏡を掛けている人は、地味な色にしたほうが無難です。どうしてもスーツ以外での服装となった場合には、ラフすぎる格好にならないように注意しましょう。ビジネススタイルとして通用するような、ジャケットやシャツでコーディネートしましょう。採用試験と、就職セミナーは全く違うものですが、相手企業からいい印象を持ってもらうために、よくよく気をつけましょう。プレゼントするなら